ホットクックでちゃんぽんを作ってみた(2)【評価:★3.5】

2020年1月14日

目指せ!ホットクックマスター」、第27回の料理はちゃんぽん!

ちゃんぽんは既に1回作ったことがある(ホットクックでちゃんぽんを作ってみた【評価:★3.5】 参照)ので、今回は2回目です。

前回ちょっと汁っ気が足りなかったのと、麺が柔らかかったのでもう一度改善版を作ってみました。

今回も使うのは、こちらの日清のちゃんぽんです。

日清のちゃんぽん

2.4リットルサイズのホットクックで作りました。

材料

日清のちゃんぽん(2人前)の他に必要な材料は、以下のとおりです!

材料(2人分)

キャベツ:270g
ニンジン:40g
もやし:100g
豚こま肉:140g
:450cc
ブラックペッパー:適量

メーカー公式の材料や調理手順は、公式レシピ をご参照ください。

調理

麺とブラックペッパー以外の、全ての材料(「日清のちゃんぽん」付属のスープの素も含む)を、内鍋に投入します⬇

ホットクックで調理する前のちゃんぽん(その1)

メニューから「ちゃんぽん(メニュー番号:097)」を選び、スタートボタンを押します。

25分後、具材を追加してね~という合図がありますので、ホットクックのフタを一旦開けます。

良い感じで具材が煮込まれてますね⬇

ホットクックで調理する前のちゃんぽん(その2)

ここに、追加で麺を投入し、再度「スタート」ボタンを押します。

ホットクックの設定だとここから3分間、麺を煮込むようになっています。

が、前回作った時 にちょっと麺を煮込み過ぎた感があったので・・・。

今回は、2分経った時点でフタを開けて調理を終了させました!!

フタを開けると汁っ気も多くて、良い感じの仕上がりです~~⬇

ホットクックで調理した後のちゃんぽん

補足

調理中はロックがかかっていてフタが開けられないようになっていますが、「スタート/決定」ボタンを押すとロック解除して開けるようになります。

感想

時短効果について

相変わらず、野菜等を炒める&煮込む手間がなくて素晴らしい!👏

かかったのは、材料を切って内鍋に投入する時間(5~10分程度)だけ!

ホットクックが便利過ぎて、気付いたら最近しばらくガスコンロ使ってない・・・笑

時短もそうなんですが、野菜とかを鍋で炒めるってけっこう疲れません??

そこをやってもらえると、精神的にもかなり楽なんですよねぇ😭感謝感謝感謝!

味について

皿に盛られたちゃんぽん

野菜や肉の煮込まれ具合は、もちろんバッチリ!

お味の方は、とっても優しい~味に仕上がっていました。

ちょっと味にパンチをきかせるために、最後にブラックペッパーを振りかけました。

今回は汁の量と、汁の味の濃さのバランスが調度良い感じに仕上げられたと思います。

(ただし濃い味好きの方は、水分量を少な目にした 前回のちゃんぽん の方が美味しく感じるかも。ここは好みによりますね!)

また麺も2分で調理を終了したので、柔らかすぎず良い茹で加減でした😊

まとめ

今回の料理の評価

時短効果 :
おいしさ :

総合評価:

現在のステータス

現在のステータスは、レベル28のホットクックつかい

▼▼ホットクックを買う方は必見!!▼▼

次の記事 >
ホットクックで豚汁を作ってみた【評価:★3.5】

< 前の記事
ホットクックでカボチャとそぼろの煮物を作ってみた【評価:★3.5】

~新学期の準備にオススメ~

子どもの持ち物の名前書き作業を効率化しましょう!

持ち物の名前書き作業って、意外に時間をとられますよね。

そんな時は、お名前シール製作所に外注しちゃいましょう!

うちも使ってますが、これは本当にオススメ。安いし可愛いしめっちゃ楽です。

詳しく見る

口コミを見る

 

~オススメ書籍情報!~

1.毎日のホットクックレシピ

料理研究家の阪下千恵さん作の、レシピ本!

野菜・肉・魚介料理など幅広く紹介しているうえに、旧機種から最新機種まで対応しているという、ありがたすぎる一冊です。

2.勝間式 超ロジカル家事

衝撃の「ホットクック3台持ち」で、家事を超効率化している勝間さんのノウハウが詰まっている本です(^o^)/~~

  • この記事を書いた人
ナミ

ナミ

田舎在住の東大ママ。鬼速で家事をこなす方法を、日々探究中です。 『いいな』と思った記事をSNSで拡散していただけると、泣いて喜びます! twitter・インスタをフォローしていただけると、跳んで喜びます!(フォローするにはSNSのアイコンをタップ ↓↓↓↓↓)

-レシピ検索, 目指せ!ホットクックマスターへの道!,

Copyright© モンチのホットクック研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.