ホットクックでカボチャとそぼろの煮物を作ってみた【評価:★3.5】

2020年1月14日

目指せ!ホットクックマスター」、第26回の料理は、カボチャとそぼろの煮物です!

家にあった材料で、適当に作ってみました~~。

因みに今回、初めてホットクックの「好みの設定加熱」機能を使用しました!!✨

2.4リットルサイズのホットクックで作りました。

材料

材料(2人分)

牛豚ひき肉 :200g
ちくわ :4本
油揚げ :2枚
カボチャ :1/4個
:150cc
うすくち醤油 :大さじ3
砂糖 :大さじ1
みりん :大さじ2

調理

まずは、ひき肉のみ内鍋に投入し、好みの設定加熱機能10分間炒めます。

詳細手順

(本体メニューから選択)
手動で作る」→「好みの設定加熱」→「中火」→「よくまぜる」→時間を「10分」に設定→「スタート」ボタンを押す

炒める前のひき肉がコチラ⬇

ホットクックで炒める前の牛豚ひき肉

10分後、良い感じでひき肉が炒められました⬇

ホットクックで炒めた後の牛豚ひき肉

因みにカボチャとひき肉を同時調理しないのは、カボチャをまぜ技ユニットで混ぜると悲劇的な結果になることを、過去の経験から学んだから🤣

(ご興味ある方は、ホットクックでカボチャの煮物を作ってみた【評価:★1.0】 をご覧ください。。)

さて、そぼろが出来上がったら、残りの具材・調味料を全て内鍋に投入します。

ホットクックで煮込む前の煮物

そしてメニューから「かぼちゃの煮物(メニュー番号:003)」を選んで、約20分待てば出~来上がり~~🎵

ホットクックで煮込んだ後の煮物

きちんと火は通っているものの、味の染み込み具合がイマイチそう。

軽く混ぜて、1日放置して翌日に食べました。

感想

時短効果について

具材を切って準備する時間は10分程度でした。

ひき肉を炒める作業をホットクックにお任せすることができ、さらに煮込む作業も完全にホットクックにお任せできたので、ありがたい~😊✨

味について

皿に盛られたカボチャとそぼろの煮物

お味の方は、塩味がちょっと強かったので、砂糖を大さじ1追加しても良かったな~という感じです。

作ってから1日置いて、翌日に食べたので味はしっかり染みていたと思います。

また食感的には、どの食材も調度良い硬さに煮込まれていてバッチリでした👌

あとは、水分量がちょっと足りないのが惜しかったです!

同じ材料で作るなら水をプラス100ccくらい入れても良かったかも🤔

ただまぁ、適当にパパッと作った割には合格点という感じでした。

まとめ

今回の料理の評価

時短効果 :
おいしさ :

総合評価:

現在のステータス

現在のステータスは、レベル27のホットクックつかい

▼▼ホットクックを買う方は必見!!▼▼

次の記事 >
ホットクックでちゃんぽんを作ってみた(2)【評価:★3.5】

< 前の記事
ホットクックでご飯を炊いてみた【評価:★3.0】

~新学期の準備にオススメ~

子どもの持ち物の名前書き作業を効率化しましょう!

持ち物の名前書き作業って、意外に時間をとられますよね。

そんな時は、お名前シール製作所に外注しちゃいましょう!

うちも使ってますが、これは本当にオススメ。安いし可愛いしめっちゃ楽です。

詳しく見る

口コミを見る

 

~オススメ書籍情報!~

1.毎日のホットクックレシピ

料理研究家の阪下千恵さん作の、レシピ本!

野菜・肉・魚介料理など幅広く紹介しているうえに、旧機種から最新機種まで対応しているという、ありがたすぎる一冊です。

2.勝間式 超ロジカル家事

衝撃の「ホットクック3台持ち」で、家事を超効率化している勝間さんのノウハウが詰まっている本です(^o^)/~~

  • この記事を書いた人
ナミ

ナミ

田舎在住の東大ママ。鬼速で家事をこなす方法を、日々探究中です。 『いいな』と思った記事をSNSで拡散していただけると、泣いて喜びます! twitter・インスタをフォローしていただけると、跳んで喜びます!(フォローするにはSNSのアイコンをタップ ↓↓↓↓↓)

-目指せ!ホットクックマスターへの道!

Copyright© モンチのホットクック研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.