ホットクックで豚じゃがを作ってみた【評価:★4.5】

2020年7月29日

目指せ!ホットクックマスター」、第75回の料理は豚じゃが(オリジナルレシピ)です!

まぁオリジナルといっても、実家の母が以前作っていたレシピを真似て作ったものなのですが😅

突然母の味が食べたくなって、ホットクック用にレシピを変えて作ってみました♪

因みに牛肉を使った普通の 肉じゃが は以前作ったことがあったのですが、今回は牛肉の代わりに豚コマを使っているので、「豚じゃが」と命名しました😊🙌

2.4リットルサイズのホットクックで作りました。

材料

材料(2~3人分)

[A]
豚コマ:150g
:大さじ2
:小さじ1弱
[B]
じゃがいも(4等分):3個
玉ねぎ(半月切り):2個
エリンギ(一口大):小2本
ブラックペッパー:少々
[C]
バター:5~10グラム(お好み)

調理

・ビニール袋に[A]の豚コマ・酒・塩を入れて揉み、5~10分くらい放置しておきます。

バター以外の全ての材料を内鍋に投入し、肉が重ならないように軽く全体を混ぜます。

ホットクックで調理する前の豚じゃが

・本体メニューから、肉じゃが(メニュー番号:001)を選択し、スタートボタンを押します。

35分後、フタを開けるとこんな感じ⬇

ホットクックで調理した後の豚じゃが

・最後にバターを入れて混ぜたら、できあがり~🎵

感想

時短効果について

今回、実際の作業(材料を切ったり、お肉に下味をつけたり)にかかった時間は10~15分くらいでした。

後は、ボタンを押して35分、放置するだけ❗

アクとりとかも不要❗

手軽な作業で、煮込み時間も35分とそこまで長くなかったので、かなり満足度は高いです😊

ということで、肉じゃが と同じく時短効果は★4.5評価にしたいと思います👍✨

味について

皿に盛られた豚じゃが

最後にネギ(分量外)を散らして、いただきます♪

実は今回、味つけはほぼバターと塩のみだったので、後から醤油とか足すつもりで作りました。

でも出来上がって味見してみたら、バターと塩のみで十分美味しいではないか!!!

ホットクックで無水調理したお陰で、野菜のうま味が濃厚で、調味料が少なくても十分な味でした。

むしろ、色々混ぜずにシンプルに味付けした方が良いとさえ感じました👌

特にじゃがいもは、甘くてホクホクで美味でした😊

普段は薄味のものはあまり好まない夫も、「これは美味しい❗」とおかわりしてたので、また作りたいと思います🎵

まとめ

今回の料理の評価

時短効果 :
おいしさ :

総合評価:

現在のステータス

現在のステータスは、レベル76のホットクックきんぐ

▼▼ホットクックを買う方は必見!!▼▼

次の記事 >
ホットクックでぶり大根を作ってみた【評価:★4.5】

< 前の記事
ホットクックでシーフードスパゲッティを作ってみた(2)【評価:★4.5】

~新学期の準備にオススメ~

子どもの持ち物の名前書き作業を効率化しましょう!

持ち物の名前書き作業って、意外に時間をとられますよね。

そんな時は、お名前シール製作所に外注しちゃいましょう!

うちも使ってますが、これは本当にオススメ。安いし可愛いしめっちゃ楽です。

詳しく見る

口コミを見る

 

~オススメ書籍情報!~

1.毎日のホットクックレシピ

料理研究家の阪下千恵さん作の、レシピ本!

野菜・肉・魚介料理など幅広く紹介しているうえに、旧機種から最新機種まで対応しているという、ありがたすぎる一冊です。

2.勝間式 超ロジカル家事

衝撃の「ホットクック3台持ち」で、家事を超効率化している勝間さんのノウハウが詰まっている本です(^o^)/~~

  • この記事を書いた人
ナミ

ナミ

田舎在住の東大ママ。鬼速で家事をこなす方法を、日々探究中です。 『いいな』と思った記事をSNSで拡散していただけると、泣いて喜びます! twitter・インスタをフォローしていただけると、跳んで喜びます!(フォローするにはSNSのアイコンをタップ ↓↓↓↓↓)

-メイン料理, レシピ検索, 目指せ!ホットクックマスターへの道!

Copyright© モンチのホットクック研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.