ホットクックで蒸し野菜のバーニャカウダを作ってみた【評価:★3.5】

2020年2月11日

目指せ!ホットクックマスター」、第42回の料理は蒸し野菜のバーニャカウダです!

どうしてもホットクックで蒸し野菜を作ってみたかったので、今回バーニャカウダにチャレンジしました。

2.4リットルサイズのホットクックで作りました。

材料

材料(4人分)

[A]
牛乳:150ml
オリーブオイル
:大さじ4

アンチョビ(みじん切り):15g
にんにく(チューブ) :適量
[B]
レンコン
:4切れ
サツマイモ:1/2本
カボチャ:1/4個
オクラ:4本
:適量

*メーカー公式の分量や調理手順は、公式レシピ をご参照ください。

*アンチョビが公式レシピに書いてある半分量(15g)しか家になかったので、今回は15gで作ってみました。

*ニンニクも本来は4かけ分すりおろして入れるべきところを、チューブで代用しました。4かけ分なので、けっこういっぱい入れました。

調理

今回はバーニャカウダのソース作りと、蒸し野菜作りの2段階で、どっちもホットクックを使ってできちゃいます!

1.バーニャカウダソース作り

ソース作りは意外に簡単!

[A]の材料を全て内鍋に投入し、メニューからバーニャカウダソース(メニュー番号:059)を選んでスタートボタンを押すだけ。

約15分で、ソースが完成します。

ホットクックで調理したバーニャカウダソース

ソースは取り出して冷ましておきます。

②蒸し野菜作り

続いて、蒸し野菜作り。

適当に家にあった野菜[B]と水(大さじ3)を内鍋に入れます。

ホットクックで調理した後の蒸し野菜

意外に蒸し板使わないんかいと内心突っ込みつつ、本体メニューから「手動で作る」→「無水でゆでる」→「15分」を選択し、スタートボタンを押します。

15分後フタを開くとまだ硬かったので、様子をみながら加熱を何回か延長(水もちょこちょこ追加)し、なんとか蒸し野菜ができました。

ホットクックで調理する前の蒸し野菜

(オクラだけ早めに取り出したので、鍋からいなくなってます。)

感想

時短効果について

今回、実際に手を動かして作業してた時間は20分くらい。

野菜を切ったり、バーニャカウダソースを作った内鍋を一回洗ったりする時間がかかったのと、野菜の加熱が1回ではうまくいかず、ちょこちょこ延長が必要だった点が手間取りました。

最初に15分加熱した後、10分延長7分延長→(オクラを取り出して)5分延長…という具合い。

初めてだったのでそんな感じで容量が悪く、蒸し野菜に関してはあまり時短効果が感じられませんでした。

しかしバーニャカウダソースは感動するくらい楽ちんでした!

ほんとに材料を混ぜただけ。

こんな簡単にできるんだ〜〜とビックリ!

まさか自分の家でバーニャカウダソースを作ることになるとは…

そもそもバーニャカウダソースが牛乳からできてたことにもちょっとビックリです。

味について

ホットクックで調理して皿に盛られたバーニャカウダ

まずソースはアンチョビ少なめですが、夫から「お店の味!」と言われるほど完璧。

確かにもうちょっとアンチョビの風味が強い方が美味しいかもだけど、すごい滑らかだしいつもお店で食べるようなコクがあって予想以上の出来でした。

ニンニクはチューブで十分だったなと思います。

続いて野菜!

結論からお伝えすると、全体的にとにかく美味しいです!

無水調理すげぇ〜〜〜〜、と夫と感動してました。

全体的に野菜の食感と風味が水に流出せずにしっかりと残っていて、素材のうまみがとてもよく感じられる。

無水調理すげぇ〜〜〜〜!(2回目。笑)

まだホットクックで蒸し野菜試したことない人は、時間かかるけどぜひ1回やってみて頂きたい!

特にサツマイモとカボチャの甘みが濃厚で最高。

レンコンもシャキシャキした歯応えが最高。

しかも栄養素も流出してなくてヘルシーだぞ。

ただし、サツマイモはまだちょっと硬かったのが残念。

今回はまだ蒸し時間の感覚が掴めなかったので要領良くできませんでしたが、蒸し料理のポテンシャルを強く感じた一品でした。

また色々な野菜で作ってみたいと思います。

(野菜によって火の通り具合いが異なるのが難しいところ。サツマイモなど硬いものは薄く切るなど、切り方に工夫が必要そうです。)

まとめ

今回の料理の評価

時短効果 :
おいしさ :

総合評価:

現在のステータス

現在のステータスは、レベル43のホットクックのまじゅつし

▼▼ホットクックを買う方は必見!!▼▼

次の記事 >
ホットクックで鶏肉と白菜の中華風炒めを作ってみた【評価:★4.0】

< 前の記事
ホットクックでカルボナーラを作ってみた(5)【評価:★4.0】

【超オススメ】料理の時短グッズBest3

最後にオマケとして、管理人(モンチ)が激推しする時短グッズを勝手にランキング化し、勝手に宣伝しておきます(^o^)ご興味あればどうぞ♪

1位:最強のタッパー「グルラボ」

グルラボは、電子レンジで煮る・炊く・蒸す・炒める・茹でる・オーブン調理の6種類の調理ができちゃう、超便利な調理器具です。

我が家の使用頻度としては、実はホットクックより上です。

メインディッシュはホットクックにお任せして、ひじきの煮物・きんぴらごぼうなど、ちょっとしたおかずをレンチンで作れる(我が家はみそ汁もグルラボ!)ので、作業効率が爆上がりしてます。

別サイトですが、口コミ(レビュー)書いてますので、ご興味あればどうぞ↓↓(^^

グルラボの口コミはコチラ!

 

2位:生協の宅配&ミールキット

小さなお子さんがいる家庭では、生協の宅配やミールキットを使っている方多いですよね。

家まで食材を届けてくれるので、子どもを抱えて買い物に行くという苦行(?)が軽減されますし、ミールキットは炒めるだけで出来上がり~♪な商品が多数あって、平日の晩御飯に最適です!

小さい子どもがいると、配達料などが割引になったりもしますよ^^

①コープデリ

コープデリは、千葉県埼玉県東京都茨城県栃木県群馬県新潟県長野県の1都7県が配達エリアとなっています。

コープデリの資料請求はコチラ! /

資料請求をする

②パルシステム

同じ生協でも、パルシステムならさらに、神奈川県福島県山梨県静岡県も配達圏内になっています。

パルシステムお試しセットがお得! /

お試しセットを申し込む

 

3位:ホットクックのレシピ本

1冊目は、料理研究家の阪下千恵さん作の、レシピ本!

野菜・肉・魚介料理など幅広く紹介しているうえに、旧機種から最新機種まで対応しているという、ありがたすぎる一冊です。

こちらは衝撃の「ホットクック3台持ち」で、家事を超効率化している勝間さんのノウハウが詰まっている本です(^o^)/~~

  • この記事を書いた人

モンチ

田舎在住の2児のママ。鬼速で家事をこなす方法を、日々探究中です。 『いいな』と思った記事をSNSで拡散していただけると、泣いて喜びます! twitter・インスタをフォローしていただけると、跳んで喜びます!(フォローするにはSNSのアイコンをタップ ↓↓↓↓↓)

-レシピ検索, 副菜・その他, 目指せ!ホットクックマスターへの道!

Copyright© モンチのホットクック研究所 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.