ホットクックで八宝菜を作ってみた【評価:★4.0】

2021年12月31日

目指せ!ホットクックマスター」、第96回の料理は八宝菜です!

公式レシピ を参考に作りました。

2.4リットルサイズのホットクックで作りました。

材料

材料(3~4人分)

[A]
豚こま肉:160g
白菜(一口大):300g
青梗菜(一口大):2株
にんじん(短冊切り):1/2本
片栗粉:大さじ2
:大さじ4
薄口醤油:大さじ1
鶏がらスープのもと(顆粒):大さじ1
オイスターソース:大さじ1
[B]
生きくらげ:50g
うずらの卵(水煮):10個

調理

・豚コマ肉に片栗粉をまぶして、ホットクックの内鍋に投入します。

・片栗粉と豚コマ肉以外の[A]の材料を、全てホットクックの内鍋に投入します。

内鍋に入った調理前の八宝菜

「メニューを選ぶ」 →「 メニュー番号で探す」 →「 No.006(八宝菜)」を選択し、 スタートボタンを押します。

・ホットクックで調理している間に、生きくらげを加熱処理しておきます(今回はレンチンで加熱して水洗いしました)。

・20分ほどしたらホットクックの調理が終わるので、きくらげとうずらの卵を投入して混ぜたら完成です!

内鍋に入った調理後の八宝菜

きくらげとうずらの卵を後入れにした理由は、公式レシピ に具材として載っていなかったからです。

ちょっとホットクックで煮込むとどういう状態になるのか何となく不安だったので、(うずらの卵は煮た状態で売られてましたし)別に調理してみました😀

感想

時短効果について

今回実際に手を動かしていた時間は、野菜を切ったりきくらげの下処理をしたりした10~15分ほどでした!

今まで鍋で具材を炒めて煮込んで、最後は水溶き片栗粉でトロミ付けして・・とそこそこ工程が多かったイメージですが、材料を内鍋にぽーん、で終了しちゃうのでとても楽に感じました✨😂

味について

ホットクックで調理して皿に盛られた八宝菜

味も食感もバッチリでした😊✨

味は濃さも調度良いし、オイスターソースなどを入れたお陰でコクもちゃんとあり、良い中華風味になっています♪

後入れしたうずらの卵ときくらげも、ちゃんと馴染んでいます😆

トロミもちょうど良いですね。

あとビックリしたのが食感!

ホットクックってけっこうお野菜とかがベチョッとしちゃってガッカリすることもあるんですが、青梗菜とかシャキシャキ感がちゃんと残っていました!

八宝菜はもう鍋で作るのはやめて、今後はホットクック一択でいこうと思った今日この頃でした🤩

まとめ

今回の料理の評価

時短効果 :
おいしさ :

総合評価:

現在のステータス

現在のステータスは、レベル96のホットクックゆうしゃ

▼▼ホットクックを買う方は必見!!▼▼

次の記事 >
ホットクックで皿うどんの具(あんかけ)を作ってみた【評価:★3.5】

< 前の記事
ホットクックで金目鯛の煮つけを作ってみた【評価:★4.0】

~最強のタッパー「グルラボ」~

電子レンジで煮る・炊く・蒸す・炒める・茹でる・オーブン調理の6種類の調理ができちゃう、超便利な調理器具「グルラボ」がオススメ!

ホットクックと組み合わせて使うと、さらなる時短ができますよ^^

グルラボの口コミはコチラ!

 

~オススメ書籍情報!~

1.毎日のホットクックレシピ

料理研究家の阪下千恵さん作の、レシピ本!

野菜・肉・魚介料理など幅広く紹介しているうえに、旧機種から最新機種まで対応しているという、ありがたすぎる一冊です。

2.勝間式 超ロジカル家事

衝撃の「ホットクック3台持ち」で、家事を超効率化している勝間さんのノウハウが詰まっている本です(^o^)/~~

  • この記事を書いた人

モンチ

田舎在住の2児のママ。鬼速で家事をこなす方法を、日々探究中です。 『いいな』と思った記事をSNSで拡散していただけると、泣いて喜びます! twitter・インスタをフォローしていただけると、跳んで喜びます!(フォローするにはSNSのアイコンをタップ ↓↓↓↓↓)

-メイン料理, レシピ検索, 目指せ!ホットクックマスターへの道!

Copyright© モンチのホットクック研究所 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.